特殊狭軌線の北勢線、内部・八王子線で確活躍した車両です。現車は戦前製と戦後製があり、モデルはリベットレスの戦後製です。
227号車は、現在も中間車121号として内部・八王子線に健在で、車齢は53年にもなりますが、まだまだ置き換えの話はなさそうですので暫くは安泰と思われます。
通常、HOナローといえば1/87が主流ですが、敢えて16番と並べても違和感がないよう、1/80で製作しました。
動力は手持ちのNゲージのEF64のブロックを切断して延長しましたが、EF64-1000であればそのままで使えるかもしれません。
事情によりこれも嫁入りしましたので、手元にはありません。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする