» 2009 » 10月のブログ記事

大屋根は木の積層で予め組まれています。まず段差をパテで埋め整形します。

パテは乾燥後のひけが少ない、クレオスの溶きパテを使いました。
乾燥後、車体に大屋根を載せます。