近年のステンレスやアルミの車両に共通していますが、屋根のランボードが構体と一体になっています。例に漏れずこの車両も両肩にほぼ全長に亘ってランボードがあります。真鍮のアングル材を使うのが一般的ですが、高さが合わなかったり固定がやっかいだったりするので、今回も紙で作ることにしました。
ランボード幅(=4mm)と、0.5mm幅に切り出した帯紙を貼り重ねて屋根に乗せます。
この後、屋根中心側の段差をパテで埋めて整形します。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする