伊賀200系はラッピングでつまずいていますが、ここで気分転換として10100系ビスタⅡ世の製作状況をご紹介します。
10100系は子供の頃のあこがれの車両で、模型もエンドウのキット組で3編成所持しています。今回、いこま工房さんからの依頼で、ペーパーキットの設計と、組み立てサンプルの製作を進めています。
先頭車は紙鉄標準工法の木屋根ですが、中間車はペーパールーフで製作しました。側面は2階窓の直上で折れて屋根になるため、側面~屋根部の内張を1枚で通し、外張を側面と屋根R部で分割しています。これにより折れが確実に表現できるのと、側面が屋根Rに引っ張られてタイコ状に膨れるのを防止しています。

塗装前の下塗りまで完成しました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする