床下機器は市販されていませんので、側面写真からCADデータ化し、いこま工房さんにレーザーカットしてもらいました。
やや立体感は乏しいものの、箱状の機器はプラ製やメタル製と比べても遜色なく、1から自作することを思えば、十分使えると思います。
なおエアタンクとD-3-Fコンプレッサは、市販パーツを使用しています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする