ラッピングのためのデカールデータ編集で奮闘中です。
撮影データをベースに描いていますが、なかなか手強い・・・

塗装が乾燥する間に床下工作を進めます。
第一編成の種車であるデハ1311-クハ1010は、東急時代にはスカートが取り付けられていませんでしたが、転用工事で他の1000系とほぼ同形状のものが取り付けられました。

モデルの方でこれまで仮につけていたスカートは、カツミの東急8500系用のパーツで、1000系とは形状がかなり異なっているので自作します。

幅5mmの帯板を形状にカットして曲げ、裏側に補強の帯板と足をはんだ付けします。連結器胴受とMR管もまとめてユニット化しました。

MR管は編成で同じ側についているので、正面から見るとMcとTcでは反対側につくことになります。またコックも車側へ柄が出るよう、勝手が異なるものがついています。

寒風吹き荒ぶなか、車体の塗装を行いました。
まず屋根を明るめのグレーで塗り、マスキング後シルバーを吹きました。
通常とは逆に屋根のグレーを先に塗ったのは、シルバーの上から他色を塗り重ねると、乗りが悪いという経験をしたためです。
なおグレーはこれまで使っていた百均の缶スプレーが廃版になったようで、店頭から姿を消していました。代わりにホームセンターで大容量のグレー缶を調達してきました。クーラーキセのグレーはかなり白っぽいので明灰白色を塗り、メッシュ部分につや消し黒を入れています。

前面と側面はいずれラッピングするので、シルバーは連結妻面だけでいいのですが、1度はオリジナルの姿に?ということで全面塗ってみました。これで赤帯をつければ・・・本家の1000系も欲しくなってきました。(^^;)

配管の曲げは配管座に乗せて、ひと曲げ毎に合いを確認します。今回も太い配管はΦ0.6、細い配管と配管口出し部はΦ0.4を使いました。
 
妻面にあるドアコックは赤色で目立つため、エコーのパーツを使いましたが、勝手の左右がないので、片方のハンドル方向が逆になっています。(正解は左右とも「閉」でハンドルが下向き)

以上で塗装前の車体工作は全て完了です。

屋根、ランボードの整形の後、配管工作に移ります。まず配管および配管座の位置を罫書きます。

東急の配管座は近鉄のような置き碍子式ではないので、マッハのエッチングパーツをそのまま使います。このとき配管の取付穴の上半分をカットして、上から配管を乗せて半田で固定するようにしています。これにより先に配管座が固定でき、後述する配管の曲げ工作が楽になります。

近年のステンレスやアルミの車両に共通していますが、屋根のランボードが構体と一体になっています。例に漏れずこの車両も両肩にほぼ全長に亘ってランボードがあります。真鍮のアングル材を使うのが一般的ですが、高さが合わなかったり固定がやっかいだったりするので、今回も紙で作ることにしました。
ランボード幅(=4mm)と、0.5mm幅に切り出した帯紙を貼り重ねて屋根に乗せます。
この後、屋根中心側の段差をパテで埋めて整形します。

続いてここでステンレス車特有の、扉、窓など開口部にある縁取りを取り付けます。
所定の位置に置いて、プラモデル用の「さらさらセメント」を流し込んで固定します。

外板表面チェックのサフェを軽く吹いておいたのは、この「さらさらセメント」でサフェを溶かすことにより接着できることもあるからです。
(この車両ではありませんが、車番の切り抜き文字もこの方法で固定しています)
その後サフェを吹き重ねることにより、完全に固定されます。

缶サフェを軽く吹いて、接着剤のはみ出しなど表面をチェックします。

長らく進捗がない状態でした。というのもビートの表現に真鍮線を使ったので、まずプライマー処理をしないとサフェが塗れないためですが、当方の塗装環境は『屋外限定』のため、冬期ははんだ付け作業(と雪遊び)が主になるためです。
また屋根板の目止めにヒケが少ないクレオスの「溶きパテ」を使っていますが、それでも十分乾燥させないと塗装後に木目が現れることがあります。年末に屋根板の目止めだけはしておいたので、その乾燥時間をとるために「あえて」放置していました。
言い訳はこの程度にして、週末天気もよかったのでようやくプライマー処理を行いました。金属モデルには通常着色タイプのメタルシールプライマーを使っていますが、塗膜が厚めになるので、今回は無着色のタイプを使用しました。
(色だけみれば昔の「エッチングプライマー」のように見えますが・・・?)

続いてサフェ吹きを行います。

新年会

| 日記 | | 1件のコメント


本日、いこま工房さんの新年会があり、お声がけいただいたので参加してきました。今回は阪堺電車を貸し切って恵美須町~浜寺~あびこ道(車庫)~天王寺の行程でという趣向です。

車両は昭和参年製の古豪、163号でした。恵美須町を出発して、開会の挨拶があり、続いて乾杯のかけ声で宴会が始まりました。
車内のテーブルの上に即興でレールが敷かれ、手動?発電機により模型車両の走行もされました。

あびこ道ではトイレ休憩を兼ねて車庫見学があり、荷電11号や構内移動機など普段お目にかかれない車両を間近に見ることができました。
模型仲間の皆さんとも話が弾み、楽しいひとときを過ごすことができました。いこま工房の店長様をはじめ、お世話いただいた皆さん、阪堺電車さんにお礼申し上げます。